フィンジアの副作用とは?医薬品のミノキシジルやプロペシアと徹底比較!

フィンジアには、副作用があるのでしょうか?
結論からいえば、フィンジアにはほとんど副作用はありません
なぜなら、フィンジアには身体に有害な影響を与えるような成分が配合されていないためです。

ハゲ・薄毛の治療といえば、ミノキシジルやプロペシアなどの医薬品が有名です。
ミノキシジルは、リアップやメディカルミノキ5などの外用薬(塗り薬)が薬局・ドラッグストアなどで、市販されています。
プロペシア(フィナステリド錠)は、医師による処方箋が必要な医療用医薬品なので、皮膚科やAGAクリニックで診察を受けたうえで購入します。
いずれも、非常に高い発毛効果が確認されているものです。

しかし、高い効果の一方で、ミノキシジルやプロペシアには、副作用の危険性があります。
フィンジアとミノキシジルやプロペシアの違いについて、効果と副作用の点からまとめてみると、次の表のようになります。

商品名 フィンジア リアップなど プロペシアなど
主な成分 キャピキシル・ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体) ミノキシジル フィナステリド
効果 髪や頭皮を健やかに保つ
髪にハリやコシを与える
高い発毛効果
副作用 副作用の危険性はほとんどない
(頭皮に優しい成分が使われているので、かぶれ・かゆみを起こすことも少ない)
血圧低下・心臓への負担・むくみ(代謝への影響)
(外用薬の場合、頭皮に強い影響を与えるため、かぶれ・かゆみを引き起こすことも少なくない)
EDや性欲減退などの生殖機能への影響
肝機能障害
ポストフィナステリド症候群(服用中断後も症状が続くこと)

確かに、フィンジアにはミノキシジルやプロペシアのような高い発毛=髪が生えていないところに髪を生えさせる効果は認められていません。
しかし、スカルプケアの世界で最も注目を集めているキャピキシルやピディオキシジルが、髪や頭皮を健やかに保ち、髪を強く元気にしてくれる効果が期待されています。
また、ミノキシジルやプロペシアのような重大な副作用が、フィンジアにはありません。

だから、もし髪や頭皮にポジティブな効果を期待しつつも、副作用が心配ならミノキシジルのような副作用の大きい医薬品よりもキャピキシル配合のフィンジアが相応しいでしょう