【法律の謎】フィンジアは医薬部外品の育毛剤じゃないから効果はないの?

フィンジアは、正確には「育毛剤」ではありません。
「育毛」剤という言葉は、薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)という法律で規定されていて、医薬部外品の要件を満たしていないと名乗れないのです。
医薬部外品とは、厚生労働省が認める有効成分を一定以上配合し、緩やかな効果・効能が認められたものです。
法律上は、医薬部外品は、医薬品と化粧品の中間的な存在として位置づけられています。
フィンジアは医薬部外品の育毛剤としては承認されていないので、「育毛剤」ではありません

では、医薬部外品(育毛剤)ではないフィンジアには、効果がないのでしょうか?
それは全く違います。
フィンジアには、キャピキシルやピディオキシジルなどのいま最も注目を集めているヘアケア成分が配合されています。
医薬部外品として認定されている育毛剤に、フィンジアは決して劣ることはありません

そもそも医薬部外品の育毛剤として承認されるには、配合されている成分に一定の制限があります。
実は、フィンジアのなかで最も重要なスカルプケア成分であるキャピキシルが、医薬部外品としての承認を受けていないのです。
つまり、キャピキシルを使うと、必然的に医薬部外品として名乗れず、キャピキシルを使っていない(グリチルリチン酸ジカリウムやセンブリエキスだけが配合された)ものが育毛剤(医薬部外品)と名乗ることができるのです。

どんなに効果が期待できる優れたスカルプケア成分を使っていても、法律の規制で育毛剤とは名乗れない。
なんとも摩訶不思議な法律・行政の規制ですが、そのようなルールになっているので、フィンジアは育毛剤(医薬部外品)とは名乗れないのです。

医薬部外品だから効果がある/医薬部外品でないから効果がない。
このような安直な考え方に囚われてしまわないようにしましょう。