【フィンジア】キャピキシルとピディオキシジルの効果はミノキシジルの3倍!?

キャピキシルやピディオキシジルは、いま最もスカルプ業界で注目を集めている成分です。
いま話題のヘアトニックのフィンジアには、キャピキシルが5%、ピディオキシジルが2%配合されています
スカルプ成分としては、限界量ともいえる高濃度配合です。
ここでは、キャピキシルやピディオキシジルとは、どのような成分で効果があるのか、紹介していきます。

キャピキシルとは?

キャピキシルとは、カナダの化粧品会社のルーカスマイヤーコスメティクス社が開発したスカルプケア成分です。
キャピキシルは、アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3という2つの種類の成分を組み合わせてできたものです。

アカツメクサ花エキスはヨーロッパ原産のハーブで、ビオカニンAというイソフラボンが豊富に含まれています。
イソフラボンには女性ホルモンに似た働きがあり、髪の成長を促進する働きがあります。

アセチルテトラペプチド3は、4種類のアミノ酸が結合してできたアミノ酸分子です。
アセチルテトラペプチド3には、傷ついた細胞を修復する働きがあると言われています。

キャピキシルを開発したルーカスマイヤーコスメティクス社によれば、ミノキシジルの3倍の効果があるといいます。
正確には、本物の人間の頭皮で実験したわけではなく、試験管で人工的に頭皮と同じ環境を再現して行った実験ですが、ミノキシジルと比べて3倍の効果が確認されました

また、キャピキシルにはミノキシジルのような副作用は一切ありません
事実、ルーカスマイヤーコスメティクス社も副作用を起こすことはないと明記されています。
キャピキシルの安全性は、アカツメクサ花エキスという植物由来の成分とアミノ酸という人体に害のない成分によってできていることからも分かります。

フィンジアのキャピキシル配合量は5%という非常に高い濃度です。
2~3%程度しか配合されていないスカルプローションが多いなかでは、フィンジアの配合量は非常に高濃度といえるでしょう。

ピディオキシジルとは?

ピディオキシジルとは、ミノキシジル誘導体ともよばれています。
誘導体とは、元の化合物にそっくりの分子構造の一部分が変化した化合物のことです。
つまり、ピディオキシジルはミノキシジルの分子構造によく似た成分で、炭素原子ひとつ分の違いしかありません。

ピディオキシジルは、高い発毛効果のあるミノキシジルを模して開発された成分です。
ミノキシジルはもともと高血圧症治療薬として開発されたため、発毛効果以上に血圧の降下や心臓・血管への負担が大きいという問題点があります。
そこで、ミノキシジルの分子構造に少し手を加えることで、副作用の危険性を非常に低くしたものがピディオキシジルです。

フィンジアには、ピディオキシジルを2%という高濃度で配合しています。
スカルプローションとしては、ピディオキシジルの配合量が2%というのは、限界濃度です。
そのため、フィンジアにはピディオキシジルで効果を実感できる最大限の量が配合されています。